K@散文的なショートストーリー | 第7並行世界のユートピア
※このサイトに投稿されている全ての作品はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。
また、無断転載禁止措置を取っています。ご了承ください。
© 2017 fumizuki yousuke

2018年2月6日火曜日

K@散文的なショートストーリー

@散文的なショートストーリー とは?
ノンジャンルのショートストーリー集。文月による妄想の産物である。


ヨーゼフ・kがもしも日本人だったら、どうなっただろう?

日本人だったら、検察側の証拠不十分で不起訴だったろうに。もしくは長いだけの裁判が続くだろうね。

じゃあ、アメリカ人だったらどうなっただろうか?

司法取引に応じるか、腕の良い弁護士を雇えれば助かったかも知れない。ただし、良い弁護士を雇うには金がかかるがね。

じゃあ、中国人だったらどうなっただろう?

まず、戸籍がきちんと登録されているかを心配した方がいいな。あの国は金さえあれば、他人になりすますことも、なり変わることもできるからな

カフカがオーストリアの産まれで良かったよ。同じ不条理でも、質が違うもんな。

僕たちは満足して帰った。

0 件のコメント:

コメントを投稿

top

top